カテゴリー別アーカイブ: TOP PAGE

行政書士の難易度はこう見ると、合格も成功もラクになります!

行政書士の難易度をできるだけ軽くする方法を追求しましょう。
行政書士の資格は、難易度が高いものの……半年を切るくらいの時間でも、スムーズに受かってしまうことがある資格です。

それは本当にあります。が……
……ここが実は曲者かもしれません。

行政書士の難易度は、人によって、感じ方がだいぶ変わります。
「めったにないくらいうまく、とんとん拍子にことが運んでしまった」人のエピソードが、まことしやかに世に流れたことで、困った影響も出ているようです。
行政書士の難易度や評価について、ネット上にはよく馬鹿にしたような書き込みも多いのですが、試験が毎年終わると、いっせいに泣き言が飛び交います……
それだけ、行政書士の難易度に釣り合った受験対策ができていない人が多すぎるのです。

行政書士の難易度は実際、「高いと言えば高い」です。
大した苦労もしないで、あっさりと1発合格できてしまうような人はめったにいません(いたとしても、それは「司法試験経験者」である……といった例外的な場合ばかりでしょう)。

ようするに、行政書士の難易度は「かなり知力のある人、たとえば難関大学(いわゆる「旧帝」や「六大学の上位」レベル)の出身者であっても、かなりの努力が必要」とされるくらいのスケールがあるのです。

行政書士は試験も楽ではありませんし、合格後の資格の役立て方にも注意が必要です。
それでも、やり方をミスしなければ、確かに1年以内に合格して、数年以内に数百万円以上年収を増やす! なんてことも、まんざら夢でもありません。

……実は、行政書士の難易度について、短絡的な誤解をする未経験者が絶えないことを懸念したのが、このサイトをオープンした動機です。

まず、この「行政書士」がよく比較される資格を取り上げて、受かるまでの難易度や合格後の将来性等について率直に語り、また開業後にどうするとよいのか、実践的なアドバイスも挿入しています。

次に、難易度を示すデータを出しながら、行政書士のこれからの動向や目指したほうがいい勉強法を語っています。

そして、行政書士の難易度の性質と、そこからわかる勉強法について語っています。

最後に、行政書士の難易度を和らげてくれるような
心強い勉強の味方について語っています。

・行政書士の資格の評判を聞いて、どんな資格か興味がわいている方
・行政書士と他の資格をはかりにかけていて、どれを目指そうか迷っている方
・行政書士に受かるために、「コスパのよい方法」を知りたい方


……以上のような方には、ここの情報はとりわけ役に立つことでしょう。