カテゴリー別アーカイブ: 試験の難易度

行政書士の難易度を、合格率の数値からうらなうと? 

行政書士の難易度は、高いとも低いともいわれますが……もっと正確に書くとしたら? その場合だったら、
「行政書士の難易度は、楽勝にはほど遠いものの、数ヶ月で手の届くくらいの合格率だ」
ということになるでしょう。

せっかくの機会ですから、行政書士の難易度(合格率)をもっと大量に並べてみましょう。

・行政書士の合格率の変遷(計13年分)
年度 受験者の数 合格者の数 合格率
平成15(2003)年 81,242人 2,345人 2.89%
平成16(2004)年 78,683人 4,196人 5.33%
平成17(2005)年 74,762人 1,961人 2.62%
平成18(2006)年 70,713人 3,385人 4.79%
平成19(2007)年 65,157人 5,631人 8.64%
平成20(2008)年 63,907人 4,133人 6.47%
平成21(2009)年 67,348人 6,095人 9.05%
平成22(2010)年 70,586人 4,662人 6.60%
平成23(2011)年 66,297人 5,337人 8.05%
平成24(2012)年 59,948人 5,508人 9.19%
平成25(2013)年 55,436人 5,597人 10.10%
平成26(2014)年 48,869人 4,043人 8.27%
平成27(2015)年 44,366人 5,820人 13.12%
こんな並べ方をすると、微妙に合格率の違いがあるのが感じられるのでは
ないでしょうか?

1.行政書士の試験制度の変化の影響
実は、平成18(2006)年を境に、行政書士試験は大きな改正が入っています。
それまでは現在と違い、実は作文のような問題があったのです。出題内容の最大の変化は、「より法令関連の問題が中心になった」ということです。その変化を機に、行政書士の難易度は専門的になり、上がったともいえますが……合格率は実はこの5年間をみると、それまでよりもむしろ(少しですが)上がり気味になっていますね。

2.行政書士の合格率の傾向の変化
もうひとつカギになることを書きましょう。この表にはありませんが、今から10年より前の行政書士試験では合格率はもう少し年度ごとに波があり、難易度も安定をしていませんでした。

昨今の行政書士の難易度について、いろいろな憶測が流れていますが、合格率を中心に論じるなら、以前よりもだいぶ安定しているため、受験者としても予測を立てやすくなった、イコール対策を立てやすくなったということができるはずです。

3.行政書士合格者の調整の事情
行政書士の難易度については、「お上の意思」も当然働いています。
この数年は、5~10%の間を合格率の値が推移してばかりですが、合格者を多すぎず、少なすぎずにしたい……という願望のあらわれである、と解釈すべきです。

4.総評
行政書士の試験問題の難易度は高く、専門化を増してきてはいますが、合格率はあまり上下しなくなってきています。これは結局、「突然難しくなる懸念は、気にしなくてOK」ということです。かえって、戦略は立てやすくなってきたといってもいいでしょう。

行政書士の最新&今後の難易度

行政書士試験の難易度は、この数年でよく上がっているという意見があります。
2013年度の行政書士試験でも(直後はそうではなかったものの)少し時間がたつと「難易度が上がっていた」といった感想が飛び出してきたことは記憶に新しいところです。

2013年の行政書士試験の難易度ですが、問題の出題範囲等はそんなに変わりはありませんでした。一般のスクール等でも、当然ながら出題傾向をにらんだ対策を提供していますから、まじめな受験生はかなり対応できたはずです。
だからこそ、受験直後は難易度をあまり感じなかったという意見が多かったのでしょう。……とはいえ、出題内容には微妙な細工が施されていたという意見もあり、スクールの速報等を手に入れてからの受験者の感想となると、だいぶ変わっていました。

結局のところ、2013年度も、2012年度と全体的な難易度の違いはなかったといえます。
基礎的な知識の積み重ね、特に「応用ができるくらいの理解に到達しているかどうか」が、命運を分けたといえます。

1.2013年度の行政書士試験で難易度が上がったところは? 
もちろん、明らかな難問は随所に差し込まれていました。
特に、以下の科目では難問が目立ちました。

  • 憲法
  • 商法
これらの科目では、勉強時間に余裕がなかった人ほど解けなかったと考えられます。

2.2013年度の行政書士試験では、難易度が相変わらず高かったところは?
難易度の上下について、毎年のようによく意見が分かれる点があります。
主に「出題範囲が広め」等の事情で、対策がやりにくい科目が上がります……以下の科目では実際に、識者の間でも意見が分かれていました(とはいうものの、結局、時間をかけて勉強していれば解ける問題はそこそこ入っていました。
それらの問題を落とさないようにすることができれば、それほど困った事態にはならなかったはずです)。
  • 一般知識等
  • 行政法
3.2013年度の行政書士試験で難易度が楽だったところは?
そして、以下の科目では、難易度は上がらず、例年通りの受験対策がじゅうぶん有効でしたね。
  • 民法
  • 記述式問題
4.総評
結局のところ、2013年度の行政書士試験は、難易度が急上昇したとも低下したとも一概にはいえません。
必要な勉強範囲には、ほとんど変化がありませんでしたし、問題のつくられ方については、「一見すると簡単なようでありながらも、足元をすくわれる問題」が増えており、それに惑わされる受験者は少なからずいたようでした。

これらの事実からわかることは、行政書士の難易度攻略のためには、

 
  • これからもこれまでと変わらず、正統派の勉強法を中心にして努力すること
  • そこに、最新の試験動向の分析や、考えられる対策法を少しずつ加えていくこと
 

 

以上が、大事なことだといえるでしょう。

難易度が上がりそうだといっても、それは一部の問題に限ったことであり、
また、深い理解を重ねておけば、意地悪な問題が増えてきても対応はできるはずです。

行政書士の難易度を知るには、まず試験の仕組みから! 

行政書士試験の難易度の秘密を、まだこの資格に興味を持ったばかりの人が知りたいなら、
まず試験がどのように開催されているのかを確かめることからはじめたほうがいいでしょう。

1.行政書士試験の日程
試験開催日:毎年11月前半の休日
試験時間:13時~16時
試験申込期間:毎年8月初めから約ひと月

※このことからも推測できますが、行政書士の試験では最短でも2ヶ月前から受験の準備はすることになります。

2.行政書士試験の問題・科目
・法令科目
問題数:46題
科目の内訳:「基礎法学」「憲法」「行政法」「民法」「商法」

・一般知識課目
問題数:14題
科目の内訳:「政治・経済・社会」「情報通信・個人情報保護」「文章理解」

・出題形式
「択一式」+「記述式」
※「択一式」は、5択問題がほとんどですが、一部に「多肢選択式」も含みます。
※「記述式」は、法令科目の一部のみで実施されます(40文字程度で2問解答します)。

3.行政書士試験の合格基準
次のすべてをクリアしないと合格できません。

 

  • 法令科目で、50パーセント以上の正解を出している
  • 一般知識課目で、40パーセント以上の正解を出している
  • 両科目を合わせて、60パーセント以上の正解を出している
 

 

※試験実施後に、受験者全体の出来具合を考慮して、合格基準が一部わずかに緩和されるケースはあります(とはいえ、そんな事態を受験者が最初から期待するのは厳禁です)。

※参考例として、平成24年度の試験について語りましょう。法令科目は、全46問で244点、一般知識課目は、全14問で56点でした(両科目合わせると、全60問で300点でした)。したがって、法令科目は、122点以上、一般知識課目は24点以上、両科目合わせて180点以上が合格のために必要だったわけです。

さて、ここまでのデータを相互するとどんなことがわかるでしょうか?
  • 行政書士の試験では、試験範囲全体でなるべくバランスよく点数を重ねられたほうが有利(受験勉強の際は、苦手分野をつくらないほうが有利)
  • わずか3時間で300問を解く以上、迷っている暇はまったくない(すらすらと解いていくような対策が必須に)
  • しかし、選択式問題が多いため、速読を読み間違えずに行う必要がある
そして、こちらのページ で書いておきましたが、合格率の数値からわかることとして、
  • 試験の難易度は、この数年はかなり近い数値に収まっている
ということがありますね。しかし、合格基準は最初から発表されています。あとから調整が入る可能性はありますが、これらの事実が意味することは、
  • 試験全体の問題は、「最初から」合格のための材料が織り込まれている
ということになります。

行政書士の難易度に見合った勉強法とは? 

行政書士試験の難易度は、決して楽観的になれるものではありませんが、その実態は「何年もかけて目指すような試験」ではありません。その点は、司法試験等と完全に違うのです。

結局は、行政書士受験の際の勉強法のよしあしが、すべてを決定します。
行政書士試験では、こちらのページ でも書いたように難易度は高いものの、最近はあまり上下しません。受験者に対して、どこに合格へのヒントが出されているかというと、毎年の試験問題のパターンにあります。早い話、試験問題は毎年変わるとはいっても出る範囲にパターンがあるのです。
それに、試験本番で確実に全部の問題を解いて、合格基準をクリアするためには、問題を短時間で解く練習も大量に必要となります。

これらの事情を総合すると、行政書士の勉強法の極意は……

・前年までの試験問題をよく研究しておく
・試験問題をすらすらと解く予行練習を繰り返す
・これを、どの科目に対しても、もれなく行う

以上が、未経験からの行政書士勉強法の根幹をなすはずです。順序ごとに説明するなら、

  1. テキストや参考書類を読み、あるいは指導を受けながら、必要な理論を理解し、知識を正確に覚え込む
  2. 過去の試験問題をよく解き、またよく研究して、出題パターンを知るほか解答力のトレーニングを積む
  3. 上記2つを繰り返しながら、さらに問題演習を繰り返し、また課題の発見と見直しにいそしむ
といったことになります。

1.と2.は基本的に繰り返していくと書きましたが、どちらを先にやるか、それぞれの配分をどう変えていくべきか、は実は個人差があって、一概には書きにくい点です。
問題演習は、試験が近付いてくるといっそう重要性を増しますから、2.をあとから増やしていくほうがよいことは事実ですが、まったくの素人の場合、いきなりテキスト類を読むのは(非常に読みやすく構成されている種類であっても)しんどい作業になりがちです。
挫折を避ける意味も込めて、ここではいちおう「1.が最初、なかなかはかどらないときは、2.を先にやってしまう」という方法もおすすめしておきます。といっても、2.ばかりやれという意味ではありません。

「過去問を一定量読んで、できなくてもいいからとにかく解いてみて、回答と解説を読み、さらにテキストの該当箇所を読む(すると、その部分は一気に読みやすくなります)」
あるいは、「テキストも過去問も、量を決めて、ある程度ざっと目を通してから、さらにまたテキストに戻ってくると、だんだんと読みやすくなっていく(講義に出席したり、映像や音声の講義を使ったりするともちろん効果はもっと上がります)」といった手順を踏むことが、考えられるということです。

これも絶対的な勉強法ではありません、個人個人で少しずつ変えて最適な形で、行政書士を目指していくことがオススメです。ただいずれにしても、テキストと問題集(過去問)の往復をうまくこなすことが、行政書士の王道の勉強法であることは間違いありません

行政書士勉強法の忘れたくないコツ

行政書士の勉強法は、テキストや参考書、講義等から知識を蓄え、問題集に取り組んで解答力強化(および試験の研究)に励む……ことが究極の要となります。
この過程をもう少し計画的に行うことで、さまざまな準備ができるほか、さらに一味違ったアイデアも生まれてきます。
行政書士の試験日は毎年決まっています。行政書士試験日までの期間を逆算して、どんな勉強法にどれくらいの日数をかけるのか(厳密に、でなくてもOKですから)決めてからはじめるほうが、進捗に拍車がかかります。

行政書士の推奨勉強期間は6~9ヶ月、それより短い場合はぎりぎりで3ヶ月、といったところですが、これを3期くらいには分けましょう。
第1期はいわゆるインプットの時期、第2期はいわゆるアウトプットの時期ですが、第3期は、見直しや仕上げの時期となります。

行政書士の勉強法/第1期

  • 講義を受け、テキストや参考書を数回往復することを目標にする
  • そのために過去問をよく活用(この段階では試験範囲の理解を深めることが主目的でOK)
  • この段階から時間を見つけて、一般知識課目の時事性の高い問題に備えて適宜メディアに接する機会をつくる
行政書士の勉強法/第2期
  • 過去問の利用頻度を増やし、全範囲を何回も解くことに集中(時間を計ってのやり込みは熱心に繰り返す)
  • できなかったところはテキスト類や講義から補完する
行政書士の勉強法/第3期
  • 最新の法改正への対応を必ず済ませる
  • 模擬試験を受けたり、テストや答練を利用したりして、腕試しをする(特に、どこかの試験会場に出向く模試は非常に大切な経験になる)
  • 自分の苦手範囲をピックアップして、徹底的な対策を時間が許す限り行う(そのためには、その部分をフィーチャリングした単科講座等や質問・サポートのサービスも臨機応変に利用する)
  • 余裕があれば過去問以外の問題集もやっておく(ただし、やり切れないほどやる必要はないため、やり込める範囲に抑えてOK)
行政書士の勉強法では、以上のような手順をてきぱきとこなしていくことがオススメできる方法論となります。人によって、少しずつ違った要素を加えることも可能ですが、まずはこうした趣向の計画を組み立てることからはじめるとよいでしょう。

行政書士に独学で受けると、はたして難易度は? 

行政書士の難易度がよく話題になっていますが、さて独学で受けるとなるといかほどに上がるでしょうか?

行政書士の合格者の中における独学者の数を正確に調査できた人はおそらくいませんが、(独学受験はわりと多い、なんて意見もありますが……)結果として行政書士の独学合格者はたいして多いとは考えにくい事情があります。

1.合格者の中に独学者が多いという情報もあるものの、真相は微妙
行政書士の受験者の多くが、毎年のようにあちこちのスクールや通信講座に申し込んでいます。その中には、合格者数や合格率がどれくらいなのかを公表しているところもありますね。もちろんそれは自信があるから発表しているのですが、そうした通学・通信講座出身の合格者を集計すると、間違いなくかなりの人数になるはずです。
それを踏まえると、毎年の行政書士合格者には完全な独学者は少数でしょう。「途中まで独学だったものの、あとからどこかの講座を少しでも利用した人」を含めると非独学の合格者はかなりの数になるはずです。

2.スクールに通ってすら不合格の危険は大きいという事実
もうひとつ興味深い事情は、そんなスクールを使っていても、不合格になる受験者が信じられないほど多いことです。講義を受けていても落ちてしまうのですから、独学となるとさらにハンデは増えてしまいます。完全な独学では、誰にも教われず、誰にも助けてもらえないのです。

3.最新の行政書士試験の特性を知るには、独学では難しい
こちらのページ でもふれていますが、行政書士の難易度は全体としてはあまり上がっていないものの、問題の一部が専門家、難問化していく可能性はかなり今後とも高いといえます。
しかし、そこまで踏まえた対策ができていれば、それほど恐れる必要はありません。そのためには結局、独学ではなくてしかるべき最新の受験対策を利用できる立場になることが前提となるでしょう。

4.総評
独学は、確かにメリットがありますね。

  • 費用があまりかからない
  • 通学に時間をとられない
しかし、独学でのチャレンジは本当に至難の業です。
通学はともかくとして、通信講座であれば費用が比較的安めになる講座もありますし、時間もかかりません。最近は教材も進化し、スクールに匹敵するレベルで指導してもらえます。

独学のような自由な勉強法に食指が動いていた場合は、一度通信講座を使って行政書士を目指すことをオススメします。