カテゴリー別アーカイブ: 行政書士概要

行政書士の開業の難易度は、最初のころに高まります 

行政書士は士業であり、独立した働き方をする資格です。合格者の大部分は現実に、開業という道を選んでいるはずです。

独立という働き方は、どんな業種であっても必ず失敗というリスクと隣り合わせです。つまり、失敗する人がどこかにいたところで、驚く必要はまったくないのですが、口コミやネット等を通じて失敗談を聞くと、いっぺんにネガティブな見方に走ってしまう人がおおぜいいるようです。「行政書士は開業の難易度が高すぎる」なんて無責任なうわさが流れるのもこういった原因が関係しているそうです。

しかしそれは偏った見方にもとづいています。先入観に支配されて、安直に行政書士の開業は難易度がひたすら高いのだと思い込むのはやめて、まずは冷静な立場から見つめてみましょう。

行政書士に合格したら、その先の数年間は確かに大事です。
やっとのことで試験に受かったときは、喜んだりホッとしたりで忙しいかもしれませんが、早くも次の試練に向けて動き出さないといけません。

開業直後の数年間がきわめて困難なものになってしまう理由をここで並べてみます。
・試験に受かると燃え尽き症候群のようになって、体中からやる気が抜けてしまう
・登録料や開業資金のねん出等が原因で、財布が空になってしまう
・開業の仕方でミスを犯してしまい、仕事を思うように取れなくなってしまう
・就職しようとして結果が出なくて、何ヶ月も無駄にしてしまう


シビアにとらえるなら、受験期間中よりもさらに、合格・開業後は苦労する恐れがあるわけです。精神的な負担や体力的な負担も大きいですが、費用面での負担もばかになりません。

特に注意してほしいのは、「行政書士になってからしばらくの間をどうやって生活するか」です。そう簡単に顧客をつかまえることはできませんし、やはり最初の数ヶ月は仕事がゼロに近くても当たり前。こうなると、生活資金を蓄えておいたり誰かに助けてもらったりすることも必要になってきます。

難易度の高さで名高い行政書士試験に受かる前は、そのようなことに注意を向ける余裕はなかなか持てないでしょう。しかしときには、合格後にどうやって立ち回っていくのか考えることも大事ですね。考えておいたほうが、開業後の難易度を下げるチャンスが増えるはずです。

行政書士が就職に成功するのは、どれくらいの難易度か? 

行政書士の難易度といったら、誰もが思い浮かべるのは試験の難しさ、厳しさのことでしょう。しかし難易度が高くて厳しいのは、試験に晴れて合格したあとも変わりません。行政書士として登録するだけでも20万円以上がかかりますが、そこまでの支払いをするのですから、行政書士として成功しないわけにはいかないでしょう。「試験合格後、数年経ったら廃業していた」「全然違う仕事をしていた」となるのは避けたいですね。

ところで行政書士の生き残りといえば、開業を前提にして語ることがほとんどでしょう。しかし、どこかの企業や法人に就職するという手だって皆無ではありません。非常に少ないことは紛れもない事実のため、全然語られなくても仕方がないのですが。

行政書士の就職は、実際に難易度が厳しいです。結局この資格は、開業するために存在する資格ですから。

それでも、次のような形で正社員ないしそれに準ずる形態で就職する可能性はあるでしょう。
・民間企業(法務部や人事部等の部署)
・よその行政書士事務所ないし行政書士法人
・法律事務所(法人含む)
・資格の受験教育を生業とする文教施設


最初に書いてしまうなら、残念なことにこれらのいずれも、非常に狭き門です。企業の法務部は、たまに求人を出すことがありますが行政書士の合格者を優先して雇う傾向は、あまり強くありません。
よその士業の事務所にしても、欠員が出ることは少ないものです。
最後の文教施設であれば、毎年のように募集を出すことがありますが、それは正規雇用ではなくて時給計算の非正規雇用であることがほとんどです(数時間程度働いて稼ぐだけで満足できるなら、実はわりに合う仕事になる可能性があるのですが)。

行政書士合格後に就職を希望するなら、このように難易度が高いという現実が待っていることを、正面から受け止める必要があります。身近な範囲で、就職のチャンスがどれくらいあるのか探すことがまず大事でしょう。

行政書士のダブルライセンスの成功は、どれくらいの難易度か? 

行政書士の難易度といったら、試験のレベルが真っ先に想像されます。
しかし開業後の難易度も大事です。まずは開業直後からしばらくの間、行政書士としてサバイバルすることが重要ですが、その期間をうまく乗り切るために、そして行政書士のキャリアを後押しするために、ダブルライセンスをするという手を使うケースがあります。

ダブルライセンスとは早い話、2つ以上の資格を取得し、活動することですね。
ある意味では「兼業する」ことでもあるでしょう。

行政書士の活動をしていると、行政書士にはできない業務が発生することもあります。そのようなとき、その仕事ができる人と協力するのが妥当ですが、自分でできたらいいのにという思いも自然とわいてきます。
それに「行政書士と仲良しの資格」「仲良しの職業」というものも、探せば見つかることもまた真実。
また、開業は就職と違って、誰も助けてくれません。数十年単位で、ひとりで働いていくことを想像したときに「行政書士の資格だけでは怖い」と感じる人がいることも、実は周知の事実です。

しかしダブルライセンスを実行するのは、やはり難易度が高くてなかなかたいへんでしょう、やはり。主な理由は次の通り。

・また資格を取るのは、時間も費用もかかれば気力も膨大にかかってしまう
・行政書士としての活動がおろそかになってしまう恐れがある
・何とか次の資格を取っても、それを思い通りに活かせないケースがある


以上の問題点を見つめれば、ダブルライセンスの難易度を下げる方法はなんとなくわかってくるでしょう。行政書士のダブルライセンスを成功させるには結局、隙のない計画を緻密に立てて、実行するしかありません。

あいにくと、最近の行政書士のダブルライセンスでは、そこまで深く掘り下げて考えないまま、乗り出してしまうケースがみられるようです。
ダブルライセンスをやるにも体力や資金、そして時間が必要なのですから、適当に手を伸ばすのは控えて、どんなダブルライセンスならうまくいきそうなのか冷静に検討するべきでしょう。

フォーサイトの口コミを調べてみると

国家資格を取得するために、通信教育での受講を考えている人は最近では口コミサイトなどを参考にすることが多いようです。
特に初学となると情報が少ないですから、体験者の書き込みがある口コミサイトを見て選択の基準にすることが多いのです。

口コミサイトですから、ポジティブな意見ばかりではありません。中にはネガティブ過ぎて内容がかけないような書き込みもあります。
総じて、合格できなかった人はそのようなネガティブな書き込みになるのは理解できます。
しかし、勉強するのは自分ですから、業者が必ず合格させてあげるといっても自分自信が勉強しなくてはどうしようもありません。そういう意味なら絶対合格させるという業者は信じないほうがいいかもしれません。

フォーサイトの口コミサイトの評判を見ると悪い評価もありますが、良い評価ももちろんあります。
良い評価の中では教材の質の高さを上げる人が多いです。フォーサイトの教材にはDVDがたくさん付いてきます。CDのみの教材もありますが内容自体は同じです。動画が見れるかどうかという違いですね。フォーサイトの教材ではDVDのほうが評価が高いのは視覚に訴える受講を進めているのにもその要因があるように思えます。教材ではDVDのほうがお勧めですし、こちらのほうが評判も上々のようです。

サポートはこれを気にする人が多いのですが、概ね良好といってもいいでしょう。DVDとテキストを効果的に利用しているので理解が早いと評判ですし、サポートでも一人一人にわかりやすく解説している部分で評判は上がっているようです。

行政書士になるためにはどのような勉強方法が良いのか。

一口に「勉強」と言ってもその方法は多々あります。
ですから、「勉強する」と言っても、では具体的にどのような勉強を行えば良いのか。特に行政書士の場合、学校の授業で教わった事ではなく、専門的な事が必要になります。(授業で学んでいる場合もあるかもしれませんが)

TOEICのように、「英語が出題される」と解っていれば英語に関して徹底的に勉強すれば良いのですが、これから行政書士を目指す場合、そもそもどのような問題が出てくるのかさえ解らないこともあります。

とにかく出題範囲は広いです。
ですから、自分自身で勉強するのであればせめて参考書くらいは購入すべきです。
そして、読むだけではなかなか頭には入っていきません。

また、計画的な勉強がとても大切になってきます。
基礎をしっかりと理解しておかなければ理解出来ない事が多々あるのが行政書士の試験の特徴です。
いわゆる応用部分だけを暗記したところで意味はないでしょう。
まったく同じ問題が出てくれるのであればいざ知らず、そのようなケースはそうそうありません。
基本をおさえた上で応用を解く。当然ですがこの流れこそがとても大切になってくるでしょうから、行政書士の勉強をと考えたら、まずは基礎です。

そして計画性。基礎にどれくらい時間を割くのか。そして試験問題のための対策はどのくらいか。
いきなりですと難しいですが、ここまで意識しなければならないのです。

独学で行政書士に合格できるのか

行政書士は年に一度の国家試験に合格しなければならないのですが、勉強方法に関しては自由です。
どのように勉強をしても、「国家試験に合格するか」が問われているだけです。

仮にですが、何も勉強せずとも試験を受け、まぐれで合格したとしても「行政書士」になれるのです。
もちろんそのようなケースはまずあり得ないと言っても良いほど、行政書士の試験は決して簡単なものではありません。

ですが、指定の学校に通わなければならないという事はありません。
独学であっても、学校に通っても国家試験に合格しなければならないという事実だけが確かなのですね。
独学で行政書士を目指すのは、学校に通って行政書士を目指す事と比べると、何より自分自身の意思がとても大切になってきます。

学校に通っていれば、自分自身のモチベーションが低くとも、講師がしっかりと指導してくれますし、他の生徒たちのやる気に感化されて自分自身のやる気も出てくる。そのようなケースも決して珍しいものではありません。
宿題を課せられ、しっかりと行わなければ怒られる事だってあるかもしれません。
それが自分自身のためにもなるのですが、独学の場合、叱咤激励してくれる講師も友人もいません。
通わなくとも良いというメリットはありますが、自分自身でやる気を起こさなければ勉強そのものが行われません。

独学で行政書士を目指す事はおかしな事ではないのですが、モチベーションこそが大きな鍵となります。

行政書士試験の難易度に関しては様々な見方が出来ます。

「士業の試験」として考えると、他の国家資格の試験と比べると難易度は低いです。
これは、行政書士が簡単というよりも他が難しすぎると考えるべきではありますが、比較した時には、「行政書士は簡単」とする声があるのも解らない話ではありません。
司法書士や公認会計士、弁護士といった士業の難易度が高すぎるのです。

ですが、「試験」として考えると決して簡単なものではありません。それは合格率が物語っています。

試験の範囲も幅広く、憲法から民法、行政法、商法、基礎法学。
さらには政治や経済、社会情勢、情報通信、個人情報保護。そして行政書士法や戸籍法、住民基調台帳法や労働法、税法など、試験の範囲はとても広いのです。
さらに、試験問題は毎年4月1日現在の法律に準拠していますので、法律が改正されれば当然ですが覚えなければならない事も変わるのです。

一回のチャレンジで合格出来た場合は良いのですが、何回もチャレンジしなければならない場合、法律改正があるとそれまで覚えてきた事が役に立たないケースすらあるのです。

また、記述式の問題もありますので、暗記すれば良いという事でもありません。
覚えるだけではなく、覚えた事をどのように応用するか。
ここまで問われるのが行政書士試験になりますので、「他の士業試験と比べると」安易に思われがちではありますが、試験そのものは決して簡単ではありません。

行政書士とは様々な書類作成の専門家です。

行政機関に提出する書類は日常的に作成している行政書士にとっては特に難しいものではありませんが、一般庶民の場合、日常生活でそのような事を行う機会は稀です。
そのため、いざ作成しなければならないシチュエーションに身を置いた時、どうすれば良いのか解らない事が多々あるのです。

そこで依頼するのが行政書士です。

書類作成のプロフェッショナルなのですから、戸惑う事もなければ間違いもないでしょう。
書類はただ提出すれば良いのではなく、「正確に作成して」提出しなければ意味がありません。
自分で作成したものの、何度も「不備」だと言われ、その都度再作成しなければならない。
おかげで「もういいや」となってしまったり、事態がなかなか前に進まなくなってしまう事もあるのです。

そのような時に頼りになるのが行政書士です。
書類作成を「間違いなく」行ってくれますので、手間もかからなければ、自分自身で勉強しなければならない事もありません。
何回も何回も「不備です」とせっかく作った書類を突き返されるより、行政書士に依頼すれば一度で全てが終わるのですから、行政書士に依頼した方が良いと考える人が多いのも頷ける話ですが、行政書士はいわゆる国家資格になります。

誰もが名乗れるものではなく、年に一度の国家試験に合格する事で「行政書士」と名乗る事が許され、先にお話したような書類作成のお仕事に就く事が出来るようになるのです。

行政書士は社会的地位も高い仕事です

昔から国家資格でもある行政書士は誰もが憧れるものでした。
それは数ある国家資格の中でも比較的合格しやすいと評判があっても事実です。年配の人で詳しい人がいるかもしれませんが、40年前あるいは30年前という時代では合格率が20%を超えていたときがあったのです。その後は法律の改正などで難しくなり現在のように10%の合格率となったということです。

この資格は文字通り行政事務の一番手となる資格ですが、実は弁護士や、会計士、税理士、弁理士といった人たちも行政書士と同じ業務ができます。逆に弁護士や税理士、会計士、弁理士にできて行政書士にはできないことはたくさんあります。
そういった意味では行政書士はまさしく行政事務の最先端にいるといってもいいでしょう。

また、行政事務に携わって20年以上という人は行政書士になれると定められています。ですから実はこの資格を持ってる人はかなりの人数が存在していることになります。
定年退職をした公務員がこの仕事に就いて働くということはよくあることで、実際に経験が豊富ですから、試験に合格してなった人よりも仕事が入りやすいという事実もあります。

以上の事から潜在的にもかなりの人数がいるのはもっぱらの評判でもあり事実でもあります。
その中で特色ある活動としていかないと生き残れないという現実もしっかりと受け止めておいたほうがいいのは間違いありません。
できれば近所でも評判の行政書士というフレーズがつくといいですね。