行政書士が就職に成功するのは、どれくらいの難易度か? 

行政書士の難易度といったら、誰もが思い浮かべるのは試験の難しさ、厳しさのことでしょう。しかし難易度が高くて厳しいのは、試験に晴れて合格したあとも変わりません。行政書士として登録するだけでも20万円以上がかかりますが、そこまでの支払いをするのですから、行政書士として成功しないわけにはいかないでしょう。「試験合格後、数年経ったら廃業していた」「全然違う仕事をしていた」となるのは避けたいですね。

ところで行政書士の生き残りといえば、開業を前提にして語ることがほとんどでしょう。しかし、どこかの企業や法人に就職するという手だって皆無ではありません。非常に少ないことは紛れもない事実のため、全然語られなくても仕方がないのですが。

行政書士の就職は、実際に難易度が厳しいです。結局この資格は、開業するために存在する資格ですから。

それでも、次のような形で正社員ないしそれに準ずる形態で就職する可能性はあるでしょう。
・民間企業(法務部や人事部等の部署)
・よその行政書士事務所ないし行政書士法人
・法律事務所(法人含む)
・資格の受験教育を生業とする文教施設


最初に書いてしまうなら、残念なことにこれらのいずれも、非常に狭き門です。企業の法務部は、たまに求人を出すことがありますが行政書士の合格者を優先して雇う傾向は、あまり強くありません。
よその士業の事務所にしても、欠員が出ることは少ないものです。
最後の文教施設であれば、毎年のように募集を出すことがありますが、それは正規雇用ではなくて時給計算の非正規雇用であることがほとんどです(数時間程度働いて稼ぐだけで満足できるなら、実はわりに合う仕事になる可能性があるのですが)。

行政書士合格後に就職を希望するなら、このように難易度が高いという現実が待っていることを、正面から受け止める必要があります。身近な範囲で、就職のチャンスがどれくらいあるのか探すことがまず大事でしょう。

→ 難易度無関係に行政書士試験に合格できる勉強法