行政書士のダブルライセンスの成功は、どれくらいの難易度か? 

行政書士の難易度といったら、試験のレベルが真っ先に想像されます。
しかし開業後の難易度も大事です。まずは開業直後からしばらくの間、行政書士としてサバイバルすることが重要ですが、その期間をうまく乗り切るために、そして行政書士のキャリアを後押しするために、ダブルライセンスをするという手を使うケースがあります。

ダブルライセンスとは早い話、2つ以上の資格を取得し、活動することですね。
ある意味では「兼業する」ことでもあるでしょう。

行政書士の活動をしていると、行政書士にはできない業務が発生することもあります。そのようなとき、その仕事ができる人と協力するのが妥当ですが、自分でできたらいいのにという思いも自然とわいてきます。
それに「行政書士と仲良しの資格」「仲良しの職業」というものも、探せば見つかることもまた真実。
また、開業は就職と違って、誰も助けてくれません。数十年単位で、ひとりで働いていくことを想像したときに「行政書士の資格だけでは怖い」と感じる人がいることも、実は周知の事実です。

しかしダブルライセンスを実行するのは、やはり難易度が高くてなかなかたいへんでしょう、やはり。主な理由は次の通り。

・また資格を取るのは、時間も費用もかかれば気力も膨大にかかってしまう
・行政書士としての活動がおろそかになってしまう恐れがある
・何とか次の資格を取っても、それを思い通りに活かせないケースがある


以上の問題点を見つめれば、ダブルライセンスの難易度を下げる方法はなんとなくわかってくるでしょう。行政書士のダブルライセンスを成功させるには結局、隙のない計画を緻密に立てて、実行するしかありません。

あいにくと、最近の行政書士のダブルライセンスでは、そこまで深く掘り下げて考えないまま、乗り出してしまうケースがみられるようです。
ダブルライセンスをやるにも体力や資金、そして時間が必要なのですから、適当に手を伸ばすのは控えて、どんなダブルライセンスならうまくいきそうなのか冷静に検討するべきでしょう。

→ 難易度無関係に行政書士試験に合格できる勉強法