行政書士になるためにはどのような勉強方法が良いのか。

一口に「勉強」と言ってもその方法は多々あります。
ですから、「勉強する」と言っても、では具体的にどのような勉強を行えば良いのか。特に行政書士の場合、学校の授業で教わった事ではなく、専門的な事が必要になります。(授業で学んでいる場合もあるかもしれませんが)

TOEICのように、「英語が出題される」と解っていれば英語に関して徹底的に勉強すれば良いのですが、これから行政書士を目指す場合、そもそもどのような問題が出てくるのかさえ解らないこともあります。

とにかく出題範囲は広いです。
ですから、自分自身で勉強するのであればせめて参考書くらいは購入すべきです。
そして、読むだけではなかなか頭には入っていきません。

また、計画的な勉強がとても大切になってきます。
基礎をしっかりと理解しておかなければ理解出来ない事が多々あるのが行政書士の試験の特徴です。
いわゆる応用部分だけを暗記したところで意味はないでしょう。
まったく同じ問題が出てくれるのであればいざ知らず、そのようなケースはそうそうありません。
基本をおさえた上で応用を解く。当然ですがこの流れこそがとても大切になってくるでしょうから、行政書士の勉強をと考えたら、まずは基礎です。

そして計画性。基礎にどれくらい時間を割くのか。そして試験問題のための対策はどのくらいか。
いきなりですと難しいですが、ここまで意識しなければならないのです。

→ 難易度無関係に行政書士試験に合格できる勉強法