行政書士とは様々な書類作成の専門家です。

行政機関に提出する書類は日常的に作成している行政書士にとっては特に難しいものではありませんが、一般庶民の場合、日常生活でそのような事を行う機会は稀です。
そのため、いざ作成しなければならないシチュエーションに身を置いた時、どうすれば良いのか解らない事が多々あるのです。

そこで依頼するのが行政書士です。

書類作成のプロフェッショナルなのですから、戸惑う事もなければ間違いもないでしょう。
書類はただ提出すれば良いのではなく、「正確に作成して」提出しなければ意味がありません。
自分で作成したものの、何度も「不備」だと言われ、その都度再作成しなければならない。
おかげで「もういいや」となってしまったり、事態がなかなか前に進まなくなってしまう事もあるのです。

そのような時に頼りになるのが行政書士です。
書類作成を「間違いなく」行ってくれますので、手間もかからなければ、自分自身で勉強しなければならない事もありません。
何回も何回も「不備です」とせっかく作った書類を突き返されるより、行政書士に依頼すれば一度で全てが終わるのですから、行政書士に依頼した方が良いと考える人が多いのも頷ける話ですが、行政書士はいわゆる国家資格になります。

誰もが名乗れるものではなく、年に一度の国家試験に合格する事で「行政書士」と名乗る事が許され、先にお話したような書類作成のお仕事に就く事が出来るようになるのです。

→ 難易度無関係に行政書士試験に合格できる勉強法